ははきぎ(仮名)

2021-02-11

イ:や行の「い」/エ:や行の「え」

001 ひかる-げんじ なのみことことしう いひけたれたまふとがおほかなるに いとど かかるすきごと-どもを すゑのよにもききつたへて かろびたるなをやながさむと しのびたまひけるかくろへごとをさへ かたりつたへけむ ひとのものいひさがなさよ

002 さるは いといたくよをはばかり まめだちたまひけるほど なよびかにをかしきことはなくて かたの-の-せうしやうにはわらはれたまひけむかし

003 まだちゆうじやうなどにものしたまひしときは うちにのみさぶらひようしたまひて おほいどのにはたエだエまかでたまふ

004 しのぶのみだれやと うたがひきこゆることもありしかど さしもあだめきめなれたるうちつけのすきずきしさなどはこのましからぬご-ほんしやうにて まれには あながちにひきたがへこころづくしなることを み-こころにおぼし-とどむるくせなむあやにくにて さるまじきおほむ-ふるまひもうち-まじりける

005 ながあめはれまなきころ うちのおほむ-ものいみさしつづきていとどながゐさぶらひたまふを おほいどのにはおぼつかなくうらめしくおぼしたれど よろづのおほむ-よそひなにくれとめづらしきさまにてうじ-いでたまひつつ おほむ-むすこのきみたちただこのおほむ-とのゐどころのみやづかへをつとめたまふ

006 みやばらのちゆうじやうは なかにしたしくなれきこエたまひて あそびたはぶれをも ひとよりはこころやすく なれなれしくふるまひたり

007 みぎ-の-おとどのいたはりかしづきたまふすみかは このきみもいとものうくして すきがましきあだびとなり

008 さとにても わがかたのしつらひまばゆくして きみのいでいりしたまふにうちつれきこエたまひつつ よるひるがくもんをもあそびをももろともにして をさをさたちおくれず いづくにてもまつはれきこエたまふほどに おのづからかしこまりもえおかず こころのうちにおもふことをもかくしあへずなむ むつれきこエたまひける

009 つれづれとふりくらしてしめやかなるよひのあめに てんじやうにもをさをさひとずくなに おほむ-とのゐどころもれいよりはのどやかなるここちするに おほとなぶらちかくてふみ-どもなどみたまふ

010 ちかきみづしなるいろいろのかみなるふみ-どもひきいでて ちゆうじやうわりなくゆかしがれば

011 さりぬべきすこしはみせむ かたはなるべきもこそとゆるしたまはねば

012 そのうちとけてかたはらいたしとおぼされむこそゆかしけれ おしなべたるおほかたのは かずならねどほどほどにつけてかきかはしつつもみはべりなむ おのがじしうらめしきをりをり まちがほならむゆふぐれなどのこそみどころはあらめとゑんずれば

013 やむごとなくせちにかくしたまふべきなどは かやうにおほぞうなるみづしなどにうちおきちらしたまふべくもあらず ふかくとりおきたまふべかめれば にのまちのこころやすきなるべし

014 かたはし-づつみるに かくさまざまなるもの-どもこそはべりけれとて こころあてに それかかれかなどとふなかに いひあつるもあり もてはなれたることをもおもひよせてうたがふもをかしとおぼせど ことずくなにてとかくまぎらはしつつ とりかくしたまひつ

015 そこにこそおほくつどへたまふらめ すこしみばや さてなむこのづしもこころよくひらくべき とのたまへば

016 ごらんじ-どころあらむこそ かたくはべらめなど きこエたまふついでに

017 をむなのこれはしもとなんつくまじきは かたくもあるかなと やうやうなむみたまへしる

018 ただうはべばかりのなさけにてはしりかき をりふしのいらへこころえてうち-しなどばかりは ずいぶんによろしきもおほかりとみたまふれど そもまことにそのかたをとりいでむえらびに かならずもるまじきは いとかたしや

019 わがこころえたることばかりを おのがじしこころをやりて ひとをばおとしめなど かたはらいたきことおほかり

020 おやなどたちそひもてあがめて おひさきこもれるまどのうちなるほどは ただかたかどをききつたへて こころをうごかすこともあめり

021 かたちをかしくうちおほどきわかやかにて まぎるることなきほど はかなきすさびをも ひとまねにこころをいるることもあるに おのづからひとつゆゑづけてしいづることもあり

022 みるひと おくれたるかたをばいひかくし さてありぬべきかたをばつくろひて まねびいだすに それしかあらじと そらにいかがはおしはかりおもひくたさむ まことかとみもてゆくに みおとりせぬやうはなくなむあるべきと うめきたるけしきもはづかしげなれば

023 いとなべてはあらねど われおぼし-あはすることやあらむ うち-ほほゑみて そのかたかどもなきひとはあらむやとのたまへば

024 いとさばかりならむあたりには たれかはすかされよりはべらむ

025 とるかたなくくちをしききはと いうなりとおぼゆばかりすぐれたるとは かずひとしくこそはべらめ

026 ひとのしなたかくむまれぬれば ひとにもて-かしづかれてかくるることおほく じねんにそのけはひこよなかるべし

027 なかのしなになむ ひとのこころごころおのがじしのたてたるおもむきもみエて わかるべきことかたがたおほかるべき

028 しものきざみといふきはになれば ことにみみたたずかしとて いとくまなげなるけしきなるもゆかしくて

029 そのしなじなやいかに いづれをみつのしなにおきてかわくべき もとのしなたかくむまれながら みはしづみくらゐみじかくてひとげなき またなほびとのかむだちめなどまでなりのぼり われはがほにていへのうちをかざりひとにおとらじとおもへる そのけぢめをば いかがわくべきと とひたまふほどに ひだり-の-むまのかみとう-しきぶのじようおほむ-ものいみにこもらむとてまゐれり

030 よのすきものにてものよくいひとほれるを ちゆうじやうまちとりて このしなじなをわきまへさだめあらそふ

031 いとききにくきことおほかり

032 なりのぼれども もとよりさるべきすぢならぬは よひとのおもへることも さはいへどなほことなり

033 またもとはやむごとなきすぢなれど よにふるたづきすくなく ときよにうつろひておぼエおとろへぬれば こころはこころとして ことたらずわろびたること-どもいでくるわざなめれば とりどりにことわりてなかのしなにぞおくべき

034 ずりやうといひて ひとのくにのことにかかづらひいとなみて しなさだまりたるなかにもまたきざみ-きざみありて なかのしなのけしうはあらぬ えりいでつべきころほひなり

035 なまなまのかむだちめよりも ひ-さむぎのしゐ-どもの よのおぼエくちをしからず もとのねざしいやしからぬ やすらかにみをもてなしふるまひたる いとかはらかなりや いへのうちにたらぬことなどはたなかめるままに はぶかずまばゆきまでもて-かしづけるむすめなどの おとしめ-がたくおひいづるも あまたあるべし

036 みやづかへにいでたちて おもひかけぬさいはひとりいづるためし-どもおほかりかし などいへば

037 すべて にぎははしきによるべきななり とて わらひたまふを ことひとのいはむやうに こころえずおほせらると ちゆうじやうにくむ

038 もとのしな ときよのおぼエうちあひ やむごとなきあたりのうちうちのもてなしけはひおくれたらむは さらにもいはず なにをしてかくおひいでけむと いふかひ-なくおぼゆべし

039 うちあひてすぐれたらむもことわり これこそはさるべきこととおぼエて めづらかなることとこころもおどろくまじ

040 なにがしがおよぶべきほどならねば かみがかみはうちおきはべりぬ

041 さて よにありとひとにしられず さびしくあばれたらむむぐらのかどに おもひのほかにらうたげならむひとの とぢられたらむこそ かぎりなくめづらしくはおぼエめ

042 いかではたかかりけむと おもふよりたがへることなむ あやしくこころとまるわざなる

043 ちちのとしおイ もの-むつかしげにふとりすぎ せうとのかほにくげに おもひやりことなることなきねやのうちに いといたくおもひあがり はかなくしいでたることわざも ゆゑなからずみエたらむかたかどにても いかがおもひのほかにをかしからざらむ

044 すぐれてきずなきかたのえらびにこそおよばざらめ さるかたにてすて-がたきものをは とてしきぶをみやれば わがいもうと-どものよろしききこエあるをおもひてのたまふにやとやこころうらむ ものもいはず

045 いでや かみのしなとおもふにだにかたげなるよを ときみはおぼすべし

046 しろきおほむ-ぞ-どものなよらかなるに なほしばかりをしどけなくきなしたまひて ひもなどもうちすてて そひふしたまへるおほむ-ほかげいとめでたく をむなにてみたてまつらまほし このおほむ-ためには かみがかみをえりいでてもなほあくまじくみエたまふ

047 さまざまのひとのうへ-どもをかたりあはせつつ

048 おほかたのよにつけてみるにはとがなきも わがものとうちたのむべきをえらむに おほかるなかにもえなむおもひさだむまじかりける

049 をのこのおほやけにつかうまつり はかばかしきよのかためとなるべきも まことのうつはものとなるべきをとりいださむには かたかるべしかし

050 されどかしこしとても ひとりふたりよのなかをまつりごちしるべきならねば かみはしもにたすけられ しもはかみになびきて ことひろきにゆづろふらむ

051 せばきいへのうちのあるじとすべきひとひとりをおもひ-めぐらすに たらはであしかるべきだいじ-どもなむかたがたおほかる

052 とあれば-かかりあふさきるさにて なのめにさてもありぬべきひとのすくなきを すきずきしきこころのすさびにて ひとのありさまをあまたみあはせむのこのみならねど ひとへにおもひさだむべきよるべとすばかりに おなじくはわがちからいりをしなほしひきつくろふべきところなく こころにかなふやうにもやと えりそめつるひとのさだまり-がたきなるべし

053 かならずしもわがおもふにかなはねど みそめつるちぎりばかりをすて-がたくおもひとまるひとは ものまめやかなりとみエ さて たもたるるをむなのためも こころにくくおしはからるるなり

054 されどなにか よのありさまをみたまへあつむるままに こころにおよばずいとゆかしきこともなしや きむだちのかみなきおほむ-えらびには ましていかばかりのひとかはたらひたまはむ

055 かたちきたなげなくわかやかなるほどの おのがじしはちりもつかじとみをもてなし ふみをかけどおほどかにことえりをし すみつきほのかにこころもとなくおもはせつつ またさやかにもみてしがなとすべなくまたせ わづかなるこゑきくばかりいひよれど いきのしたにひきいれことずくななるが いとよくもてかくすなりけり

056 なよびかにをむなしとみれば あまりなさけにひきこめられて とりなせばあだめく これをはじめのなんとすべし

057 ことがなかに なのめなるまじきひとのうしろみのかたは もののあはれしりすぐし はかなきついでのなさけあり をかしきにすすめるかたなくてもよかるべしとみエたるに

058 また まめまめしきすぢをたてて みみはさみがちに びさうなきいへとうじの ひとへにうちとけたるうしろみばかりをして あさゆふのいでいりにつけても おほやけわたくしのひとのたたずまひ よきあしきことのめにもみみにもとまるありさまを うときひとにわざとうち-まねばむやは ちかくてみむひとのききわきおもひしるべからむにかたりもあはせばやと うちもゑまれなみだもさしぐみもしはあやなきおほやけ-はらだたしくこころひとつにおもひあまることなどおほかるを なににかはきかせむとおもへば うち-そむかれてひとしれぬおもひいでわらひもせられ あはれともうち-ひとりごたるるに なにごとぞなどあはつかにさし-あふぎゐたらむは いかがはくちをしからぬ

059 ただひたふるにこめきてやはらかならむひとを とかくひき-つくろひてはなどかみざらむ こころもとなくともなほし-どころあるここちすべし

060 げにさしむかひてみむほどは さてもらうたきかたにつみゆるしみるべきを たち-はなれてさるべきことをもいひやり をりふしにしいでむわざのあだごとにもまめごとにもわがこころとおもひ-うることなくふかきいたりなからむは いとくちをしくたのもしげなきとがや なほくるしからむ

061 つねはすこしそばそばしくこころづきなきひとの をりふしにつけていでばエするやうもありかしなど くまなきものいひも さだめかねていたくうち-なげく

062 いまはただ しなにもよらじ かたちをばさらにもいはじ

063 いとくちをしくねぢけがましきおぼエだになくは ただひとへにもの-まめやかにしづかなるこころのおもむきならむよるべをぞ つひのたのみ-どころにはおもひおくべかりける

064 あまりのゆゑよしこころばせうち-そへたらむをばよろこびにおもひ すこしおくれたるかたあらむをもあながちにもとめくはへじ うしろやすくのどけきところだにつよくは うはべのなさけはおのづからもてつけつべきわざをや

065 えんにものはぢして うらみいふべきことをもみしらぬさまにしのびて うへはつれなくみさをづくり こころひとつにおもひあまるときは いはむかたなくすごきことのはあはれなるうたをよみおき しのばるべきかたみをとどめて ふかきやまざとよ-ばなれたるうみづらなどにはひ-かくれぬるをり

066 わらはにはべりしとき にようばうなどのものがたりよみしをききて いとあはれにかなしくこころふかきことかなとなみだをさへなむおとしはべりし いまおもふには いとかるがるしくことさらびたることなり

067 ころざしふかからむをとこをおきて みるめのまへにつらきことありとも ひとのこころをみしらぬやうににげ-かくれて ひとをまどはしこころをみむとするほどに ながきよのもの-おもひになる いとあぢきなきことなり

068 こころふかしやなどほめ-たてられて あはれすすみぬればやがてあまになりぬかし

069 おもひたつほどはいとこころすめるやうにて よにかへりみすべくもおもへらず

070 いであなかなし かくはたおぼしなりにけるよなどやうに あひしれるひときとぶらひ ひたすらにうしとも おもひはなれぬをとこききつけて なみだおとせば つかふひとふるごたちなど きみのみこころはあはれなりけるものを あたらおほむ-みをなどいふ

071 みづからひたひがみをかき-さぐりて あへなくこころぼそければ うち-ひそみぬかし

072 しのぶれどなみだこぼれ-そめぬれば をりをりごとにえねんじえず くやしきことおほかめるに ほとけもなかなかこころぎたなし とみたまひつべし

073 にごりにしめるほどよりも なまうかびにては かへりてあしきみちにもただよひぬべくぞおぼゆる

074 たエぬすくせあさからで あまにもなさでたづねとりたらむも やがてあひそひて とあらむをりもかからむきざみをも みすぐしたらむなかこそちぎりふかくあはれならめ われもひともうしろめたくこころおかれじやは

075 また なのめにうつろふかたあらむひとをうらみて けしきばみそむかむ はたをこがましかりなむ こころはうつろふかたありとも みそめしこころざしいとほしくおもはば さるかたのよすがにおもひてもありぬべきに さやうならむたぢろきに たエぬべきわざなり

076 すべて よろづのことなだらかに ゑんずべきことをばみしれるさまにほのめかし うらむべからむふしをもにくからずかすめ-なさば それにつけて あはれもまさりぬべし

077 おほくは わがこころもみるひとからをさまりもすべし

078 あまりむげにうち-ゆるべみはなちたるも こころやすくらうたきやうなれど おのづからかろきかたにぞおぼエはべるかし

079 つながぬふねのうきたるためしもげにあやなし さははべらぬかといへば ちゆうじやううなづく

080 さしあたりて をかしともあはれともこころにいらむひとの たのもしげなきうたがひあらむこそ だいじなるべけれ

081 わがこころあやまちなくてみすぐさば さしなほしてもなどかみざらむとおぼエたれど それさしもあらじ

082 ともかくも たがふべきふしあらむを のどやかにみしのばむよりほかに ますことあるまじかりけり といひて わがいもうとのひめぎみは このさだめにかなひたまへりとおもへば きみのうち-ねぶりてことばまぜたまはぬを さうざうしくこころやましとおもふ

083 むまのかみもの-さだめのはかせになりて ひひらきゐたり

084 ちゆうじやうは このことわりききはてむと こころいれて あへしらひゐたまへり

085 よろづのことによそへておぼせ

086 きのみちのたくみのよろづのものをこころにまかせてつくり-いだすも りんじのもて-あそびものの そのものとあともさだまらぬは そばつきさればみたるも げにかうもしつべかりけりと ときにつけつつさまをかへて いまめかしきにめうつりてをかしきもあり だいじとして まことにうるはしきひとのてうどのかざりとする さだまれるやうあるものをなんなくし-いづることなむ なほまことのもの-の-じやうずは さまことにみエわかれはべる

087 またゑどころにじやうずおほかれど すみがきにえらばれて つぎつぎにさらにおとりまさるけぢめ ふとしもみエわかれず

088 かかれど ひとのみおよばぬほうらい-の-やま あらうみのいかれるいをのすがた からくにのはげしきけだもののかたち めにみエぬおにのかほなどのおどろおどろしくつくりたるものは こころにまかせてひときはめおどろかして じちにはにざらめどさてありぬべし よのつねのやまのたたずまひ みづのながれ めにちかきひとのいへゐありさま げにとみエ なつかしくやはらいだるかたなどをしづかにかきまぜて すくよかならぬやまのけしき こぶかくよばなれてたたみ-なし けぢかきまがきのうちをば そのこころしらひおきてなどをなむ じやうずはいといきほひことに わろものはおよばぬところおほかめる

089 てをかきたるにも ふかきことはなくて ここかしこのてんながにはしりかき そこはかとなくけしきばめるは うち-みるにかどかどしくけしきだちたれど なほまことのすぢをこまやかにかきえたるは うはべのふできエてみゆれど いまひとたびとりならべてみれば なほじちになむよりける

090 はかなきことだにかくこそはべれ ましてひとのこころのときにあたりてけしきばめらむみるめのなさけをば えたのむまじくおもうたまへえてはべる

091 そのはじめのこと すきずきしくともまうしはべらむとてちかくゐよれば きみもめさましたまふ

092 ちゆうじやういみじくしんじて つらづえをつきてむかひゐたまへり

093 のりのしのよのことわりとききかせむところのここちするもかつはをかしけれど かかるついではおのおのむつごともえしのびとどめずなむありける

094 はやう まだいとげらふにはべりしとき あはれとおもふひとはべりき

095 きこエさせつるやうに かたちなどいとまほにもはべらざりしかば わかきほどのすき-ごころには このひとをとまりにともおもひとどめはべらず

096 よるべとはおもひながら さうざうしくて とかくまぎれはべりしを ものゑんじをいたくしはべりしかば こころづきなく いとかからで おイらかならましかばとおもひつつ あまりいとゆるしなくうたがひはべりしもうるさくて かくかずならぬみをみもはなたで などかくしもおもふらむと こころぐるしきをりをりもはべりて じねんにこころをさめらるるやうになむはべりし

097 このをむなのあるやう もとより おもひいたらざりけることにも いかでこのひとのためにはと なきてをいだし おくれたるすぢのこころをも なほくちをしくはみエじとおもひはげみつつ とにかくにつけて のまめやかにうしろみ つゆにてもこころにたがふことはなくもがなとおもへりしほどに すすめるかたとおもひしかど とかくになびきてなよびゆき みにくきかたちをも このひとにみやうとまれむと わりなくおもひつくろひ うときひとにみエば おもてぶせにやおもはむと はばかりはぢて みさをにもて-つけてみなるるままに こころもけしうはあらずはべりしかど ただこのにくきかたひとつなむ こころをさめずはべりし

098 そのかみおもひはべりしやう かうあながちにしたがひおぢたるひとなめり いかでこるばかりのわざして おどして このかたもすこしよろしくもなり さがなさもやめむとおもひて まことにうしなどもおもひてたエぬべきけしきならば かばかりわれにしたがふこころならばおもひこりなむとおもうたまへえて ことさらになさけなくつれなきさまをみせて れいのはらだちゑんずるに

099 かくおぞましくは いみじきちぎりふかくともたエてまたみじ かぎりとおもはば かくわりなきもの-うたがひはせよ ゆくさきながくみエむとおもはば つらきことありとも ねんじてなのめにおもひなりて かかるこころだにうせなば いとあはれとなむおもふべき ひと-なみなみにもなり すこしおとなびむにそへて またならぶひとなくあるべきやうなど かしこくをしへたつるかなとおもひたまへて われたけくいひそしはべるに

100 すこしうち-われひて よろづにみだてなく ものげなきほどをみすぐして ひとかずなるよもやとまつかたは いとのどかにおもひなされて こころやましくもあらず つらきこころをしのびて おもひなほらむをりをみつけむと としつきをかさねむあいなだのみは いとくるしくなむあるべければ かたみにそむきぬべききざみになむある とねたげにいふに

101 はらだたしくなりて にくげなること-どもをいひはげましはべるに をむなもえをさめぬすぢにて およびひとつをひきよせてくひてはべりしを おどろおどろしくかこちて かかるきずさへつきぬれば いよいよまじらひをすべきにもあらず はづかしめたまふめるつかさくらゐ いとどしくなににつけてかはひとめかむ よをそむきぬべきみなめりなどいひおどして さらば けふこそはかぎりなめれと このおよびをかがめてまかでぬ

102  てををりてあひみしことをかぞふれば これひとつやは きみがうきふし えうらみじなどいひはべれば

103 さすがにうち-なきて うきふしをこころひとつにかぞへきて こやきみがてをわかるべきをり など

104 いひしろひはべりしかど まことにはかはるべきことともおもひたまへずながら ひごろふるまでせうそこもつかはさず あくがれまかりありくに

105 りんじのまつりのでうがくに よふけていみじうみぞれふるよ これかれまかりあかるるところにて おもひめぐらせば なほいへぢとおもはむかたはまたなかりけり

106 うちわたりのたびねすさまじかるべく けしきばめるあたりはそぞろさむくや とおもひたまへられしかば いかがおもへると けしきもみがてら ゆきをうち-はらひつつ

107 なま-ひとわろくつめくはるれど さりともこよひひごろのうらみはとけなむ とおもうたまへしに ひほのかにかべにそむけ なエたるきぬ-どものあつごエたる おほいなるこにうち-かけて ひきあぐべきもののかたびらなどうち-あげて

108 こよひばかりやと まちけるさまなり さればよとこころおごりするに さうじみはなし

109 さるべきにようばう-どもばかりとまりて おやのいへに このよさりなむわたりぬるとこたへはべり

110 えんなるうたもよまず けしきばめるせうそこもせで いとひたやごもりになさけなかりしかば あへなきここちして さがなくゆるしなかりしも われをうとみねとおもふかたのこころやありけむと さしもみたまへざりしことなれど こころやましきままにおもひはべりしに

111 きるべきもの つねよりもこころとどめたるいろあひ しざまいとあらまほしくて さすがにわがみすててむのちをさへなむ おもひやりうしろみたりし

112 さりとも たエておもひはなつやうはあらじとおもうたまへて とかくいひはべりしを そむきもせずと たづねまどはさむともかくれしのびず かかやかしからずいらへつつ ただ ありしながらは えなむみすぐすまじき あらためてのどかにおもひならばなむ あひみるべきなどいひしを

113 さりともえおもひはなれじとおもひたまへしかば しばしこらさむのこころにて しかあらためむともいはず いたくつなびきてみせしあひだに いといたくおもひなげきて はかなくなりはべりにしかば たはぶれにくくなむおぼエはべりし

114 ひとへにうち-たのみたらむかたは さばかりにてありぬべくなむおもひたまへいでらるる はかなきあだごとをもまことのだいじをも いひあはせたるにかひなからず たつたひめといはむにもつきなからず たなばたのてにもおとるまじくそのかたもぐして うるさくなむはべりし そのかたもぐして うるさくなむはべりし とて いとあはれとおもひいでたり

115 ちゆうじやう そのたなばたのたちぬふかたをのどめて ながきちぎりにぞあエまし げに そのたつたひめのにしきには またしくものあらじ はかなきはなもみぢといふも をりふしのいろあひつきなく はかばかしからぬは つゆのはエなくきエぬるわざなり

116 さあるにより かたきよとはさだめかねたるぞや といひはやしたまふ

117 さて またおなじころ まかりかよひしところは ひともたち-まさり こころばせまことにゆゑありとみエぬべく うち-よみ はしり-かき かい-ひくつまおと てつきくちつき みなたどたどしからずみききわたりはべりき

118 みるめもこともなくはべりしかば このさがなものをうち-とけたるかたにて ときどきかくろへみはべりしほどは こよなくこころとまりはべりき

119 このひとうせてのち いかがはせむ あはれながらもすぎぬるはかひなくて しばしばまかりなるるには すこしまばゆく えんにこのましきことはめにつかぬところあるに うち-たのむべくはみエず かれがれにのみみせはべるほどに しのびてこころかはせるひとぞありけらし

120 かむなづきのころほひ つきおもしろかりしよ うちよりまかではべるに あるうへびときあひてこのくるまにあひ-のりてはべれば だいなごんのいへにまかりとまらむとするに このひといふやう こよひひとまつらむやどなむ あやしくこころぐるしきとて このをむなのいへはた よきぬみちなりければ あれたるくづれよりいけのみづかげみエて つきだにやどるすみかをすぎむもさすがにて おりはべりぬかし

121 もとよりさるこころをかはせるにやありけむ このをとこいたくすずろきて かどちかきらうのすのこ-だつものにしりかけて とばかりつきをみる

122 きくいとおもしろくうつろひわたり かぜにきほへるもみぢのみだれなど あはれと げにみエたり

123 ふところなりけるふえとりいでてふきならし かげもよしなどつづしりうたふほどに よくなるわごんを しらべととのへたりける うるはしくかき-あはせたりしほど けしうはあらずかし

124 りちのしらべは をむなのもの-やはらかにかき-ならして すのうちよりきこエたるも いまめきたるもののこゑなれば きよくすめるつきにをりつきなからず

125 をとこいたくめでて すのもとにあゆみきて にはのもみぢこそ ふみ-わけたるあともなけれなどねたます

126 きくををりて ことのねもつきもえならぬやどながら つれなきひとをひきやとめける わろかめりなどいひて いまひとこゑ きき-はやすべきひとのあるとき てなのこいたまひそなど いたくあざれ-かかれば

127 をむないたうこゑつくろひて こがらしにふきあはすめるふえのねを ひきとどむべきことのはぞなき となまめきかはすに にくくなるをもしらで また さうのことをばんしき-でうにしらべて いまめかしくかい-ひきたるつまおと かどなきにはあらねど まばゆきここちなむしはべりし

128 ただときどきうち-かたらふみやづかへ-びとなどのあくまでさればみすきたるは さてもみるかぎりはをかしくもありぬべし ときどきにても さるところにてわすれぬよすがとおもひたまへむには たのもしげなくさし-すぐいたりとこころおかれて そのよのことにことつけてこそ まかりたエにしか

129 このふたつのことをおもうたまへあはするに わかきときのこころにだに なほさやうにもて-いでたることは いとあやしくたのもしげなくおぼエはべりき

130 いまよりのちは ましてさのみなむおもひたまへらるべき

131 みこころのままに をらばおちぬべきはぎのつゆ ひろはばきエなむとみるたまざさのうへのあられなどの えんにあエかなるすきずきしさのみこそ をかしくおぼさるらめ いまさりとも ななとせあまりがほどにおぼし-しりはべなむ

132 なにがしがいやしきいさめにて すきたわめらむをむなにこころおかせたまへ

133 あやまちして みむひとのかたくななるなをもたてつべきものなり といましむ

134 ちゆうじやう れいのうなづく きみすこしかた-ゑみて さることとはおぼすべかめり いづかたにつけても ひとわろくはしたなかりけるみものがたりかな とて うち-わらひおはさうず

135 ちゆうじやう なにがしはしれもののものがたりせむとて

136 いとしのびてみそめたりしひとの さてもみつべかりしけはひなりしかば ながらふべきものとしもおもひたまへざりしかど なれゆくままにあはれとおぼエしかば たエだエわすれぬものにおもひたまへしを

137 さばかりになれば うち-たのめるけしきもみエき たのむにつけては うらめしとおもふこともあらむと こころながらおぼゆるをりをりもはべりしを みしらぬやうにて ひさしきとだエをも かうたまさかなるひとともおもひたらず ただあさゆふにもて-つけたらむありさまにみエて こころぐるしかりしかば たのめわたることなどもありきかし

138 おやもなくいとこころぼそげにて さらばこのひとこそはと ことにふれておもへるさまもらうたげなりき

139 かうのどけきにおだしくて ひさしくまからざりしころ このみたまふるわたりより なさけなくうたてあることをなむ さるたよりありてかすめいはせたりける のちにこそききはべりしか

140 さるうきことやあらむともしらず こころにはわすれずながら せうそこなどもせでひさしくはべりしに むげにおもひしをれてこころぼそかりければ をさなきものなどもありしにおもひわづらひて なでしこのはなををりておこせたりし とてなみだぐみたり

141 さて そのふみのことばは ととひたまへば いさや ことなることもなかりきや

142  やまがつのかきほあるともをりをりに あはれはかけよなでしこのつゆ 

143 おもひいでしままにまかりたりしかば れいのうらもなきものから いともの-おもひがほにて あれたるいへのつゆしげきをながめて むしのねにきほへるけしき むかしものがたりめきておぼエはべりし

144  さきまじるいろはいづれとわかねども なほとこなつにしくものぞなき

145 やまとなでしこをばさし-おきて まづちりをだになど おやのこころをとる

146  うち-はらふそでもつゆけきとこなつに あらしふきそふあきもきにけり とはかなげにいひ-なして まめまめしくうらみたるさまもみエず なみだをもらしおとしても いとはづかしくつつましげにまぎらはしかくして つらきをもおもひしりけりとみエむは わりなくくるしきものとおもひたりしかば こころやすくて またとだエおきはべりしほどに あともなくこそかき-けちてうせにしか

147 まだよにあらば はかなきよにぞさすらふらむ

148 あはれとおもひしほどに わづらはしげにおもひまとはすけしきみエましかば かくもあくがらさざらまし こよなきとだエおかず さるものにしなしてながくみるやうもはべりなまし

149 かのなでしこのらうたくはべりしかば いかでたづねむとおもひたまふるを いまもえこそきき-つけはべらね

150 これこそのたまへるはかなきためしなめれ つれなくてつらしとおもひけるもしらで あはれたエざりしも やくなきかたおもひなりけり

151 いまやうやうわすれゆくきはに かれはたえしもおもひはなれず をりをりひとやりならぬむねこがるるゆふべもあらむとおぼエはべり

152 これなむ えたもつまじくたのもしげなきかたなりける

153 されば かのさがなものも おもひいであるかたにわすれがたけれど さしあたりてみむにはわづらはしく よくせずは あきたきこともありなむや ことのねすすめけむかどかどしさも すきたるつみおもかるべし

154 このこころもとなきも うたがひそふべければ いづれとつひにおもひさだめずなりぬるこそ

155 よのなかや ただかくこそ とりどりにくらべくるしかるべき

156 このさまざまのよきかぎりをとりぐし なんずべきくさはひまぜぬひとは いづこにかはあらむ

157 きちじやうてんによをおもひかけむとすれば ほふけづき くすしからむこそ また わびしかりぬべけれ とてみなわらひぬ

158 しきぶがところにぞ けしきあることはあらむ すこし-づつかたりまうせ とせめらる

159 しもがしものなかには なでふことか きこしめしどころはべらむ といへど とう-の-きみ まめやかにおそしとせめたまへば なにごとをとりまうさむとおもひめぐらすに

160 まだもんじやう-の-しやうにはべりしとき かしこきをむなのためしをなむみたまへし

161 かの むま-の-かみのまうしたまへるやうに おほやけごとをもいひあはせ わたくしざまのよにすまふべきこころおきてをおもひめぐらさむかたもいたりふかく ざえのきはなまなまのはかせはづかしく すべてくちあかすべくなむはべらざりし

162 それは あるはかせのもとにがくもんなどしはべるとて まかりかよひしほどに あるじのむすめ-どもおほかりとききたまへて はかなきついでにいひよりてはべりしを

163 おやききつけて さかづきもて-いでて わがふたつのみちうたふをきけとなむ きこエごちはべりしかど をさをさうちとけてもまからず かのおやのこころをはばかりて さすがにかかづらひはべりしほどに

164 いとあはれにおもひうしろみ ねざめのかたらひにも みのざえつき おほやけにつかうまつるべきみちみちしきことををしへて いときよげにせうそこぶみにもかんなといふものかきまぜず むべむべしくいひまはしはべるに おのづからえまかりたエで そのものをしとしてなむ わづかなるこしをれぶみつくることなどならひはべりしかば

165 いまにそのおんはわすれはべらねど なつかしきさいしとうち-たのまむには むざいのひと なまわろならむふるまひなどみエむに はづかしくなむみエはべりし

166 まいてきむだちのおほむ-ため はかばかしくしたたかなるおほむ-うしろみは なににかせさせたまはむ はかなし くちをし とかつみつつも ただわがこころにつき すくせのひくかたはべるめれば をのこしもなむ しさいなきものははべめる とまうせば

167 のこりをいはせむとて さてさてをかしかりけるをむなかな とすかいたまふを こころはえながら はなのわたりおこづきてかたり-なす

168 さて いとひさしくまからざりしに もののたよりにたちよりてはべれば つねのうちとけゐたるかたにははべらで こころやましきものごしにてなむあひてはべる

169 ふすぶるにやと をこがましくも また よきふしなりともおもひたまふるに このさかしびとはた かろがろしきもの-ゑんじすべきにもあらず よのだうりをおもひ-とりてうらみざりけり

170 こゑもはやりかにていふやう つきごろ ふびやうおもきにたへかねて ごくねちのさうやくをぶくして いとくさきによりなむ えたいめんたまはらぬ まのあたりならずとも さるべからむざうじ-らはうけたまはらむと いとあはれにむべむべしくいひはべり

171 いらへになにとかは ただ うけたまはりぬとて たちいではべるに さうざうしくやおぼエけむ このかうせなむときにたちよりたまへ とたかやかにいふを ききすぐさむもいとほし しばしやすらふべきに はたはべらねば げにそのにほひさへ はなやかにたちそへるもすべなくて にげめをつかひて

172  ささがにのふるまひしるきゆふぐれに ひるますぐせといふがあやなさ いかなることつけぞやと いひもはてずはしりいではべりぬるに おひて

173  あふことのよをしへだてぬなかならば ひるまもなにかまばゆからまし さすがにくちとくなどははべりきと しづしづとまうせば

174 きみたちあさましとおもひて そらごととてわらひたまふ

175 いづこのさるをむなかあるべき おイらかにおにとこそむかひゐたらめ むくつけきこと とつまはじきをして いはむかたなしと しきぶをあはめにくみて すこしよろしからむことをまうせ とせめたまへど

176 これよりめづらしきことはさぶらひなむやとて をり

177 すべてをとこもをむなもわろものは わづかにしれるかたのことをのこりなくみせつくさむとおもへるこそ いとほしけれ

178 さむしごきやう みちみちしきかたを あきらかにさとりあかさむこそ あいぎやうなからめ などかは をむなといはむからに よにあることのおほやけわたくしにつけて むげにしらずいたらずしもあらむ わざとならひまねばねど すこしもかどあらむひとの みみにもめにもとまること じねんにおほかるべし

179 さるままには まんなをはしりかきて さるまじき-どちのをむなぶみに なかばすぎてかきすすめたる あなうたて このひとのたをやかならましかばとみエたり

180 ここちにはさしもおもはざらめど おのづからこはごはしきこゑによみなされなどしつつ ことさらびたり じやうらふのなかにも おほかることぞかし

181 うたよむとおもへるひとの やがてうたにまつはれ をかしきふることをもはじめよりとりこみつつ すさまじきをりをり よみかけたるこそ ものものしきことなれ かへしせねばなさけなし えせざらむひとははしたなからむ

182 さるべきせちゑなど さつきのせちにいそぎまゐるあした なにのあやめもおもひしづめられぬに えならぬねをひきかけ さならでもおのづから げにのちにおもへばをかしくもあはれにもあべかりけることの そのをりにつきなく めにとまらぬなどを おしはからず よみいでたる なかなかこころおくれてみゆ

183 よろづのことに などかは さても とおぼゆるをりから ときどき おもひわかぬばかりのこころにては よしばみなさけだたざらむなむめやすかるべき

184 すべて こころにしれらむことをも しらずがほにもてなし いはまほしからむことをも ひとつふたつのふしはすぐすべくなむあべかりける といふにも きみは ひとひとりのおほむ-ありさまを こころのうちにおもひつづけたまふ

185 これはたらずまたさし-すぎたることなくものしたまひけるかな とありがたきにも いとどむねふたがる

186 いづかたによりはつともなく はてはてはあやしきこと-どもになりて あかしたまひつ

187 からうしてけふはひのけしきもなほれり

188 からうしてけふはひのけしきもなほれり

189 おほかたのけしき ひとのけはひも けざやかにけだかく みだれたるところまじらず なほ これこそは かの ひとびとのすてがたくとりいでしまめびとにはたのまれぬべけれ とおぼすものから あまりうるはしきおほむ-ありさまの とけがたくはづかしげにおもひしづまりたまへるを さうざうしくて ちうなごん-の-きみ なかつかさなどやうの おしなべたらぬわかうど-どもに たはぶれごとなどのたまひつつ あつさにみだれたまへるおほむ-ありさまを みるかひありとおもひきこエたり

190 おとどもわたりたまひて うちとけたまへれば みきちやうへだてておはしまして おほむ-ものがたりきこエたまふを あつきにとにがみたまへば ひとびとわらふ

191 あなかまとて けふそくによりおはす

192 いとやすらかなるおほむ-ふるまひなりや

193 くらくなるほどに こよひ なかがみ うちよりはふたがりてはべりけり ときこゆ

194 さかし れいはいみたまふかたなりけり

195 にでう-の-ゐんにもおなじすぢにて いづくにかたがへむ いとなやましきに とておほとのごもれり

196 いとあしきことなり とこれかれきこゆ

197 き-の-かみにてしたしくつかうまつるひとの なかがはのわたりなるいへなむ このころみづせきいれて すずしきかげにはべる ときこゆ

198 いとよかなり なやましきに うしながらひきいれつべからむところを とのたまふ

199 しのびしのびのおほむ-かたたがへ-どころは あまたありぬべけれど ひさしくほどへてわたりたまへるに かたふたげて ひき-たがへほかざまへとおぼさむは いとほしきなるべし

200 き-の-かみにおほせごとたまへば うけたまはりながら しりぞきて いよのかみ-の-あそむのいへにつつしむことはべりて にようばうなむまかりうつれるころにて せばきところにはべれば なめげなることやはべらむ と したになげくを

201 ききたまひて そのひとちかからむなむ うれしかるべき をむなとほきたびねは もの-おそろしきここちすべきを ただそのきちやうのうしろに とのたまへば

202 げに よろしきおまし-どころにもとて ひとはしらせやる

203 いとしのびて ことさらにことことしからぬところをと いそぎいでたまへば おとどにもきこエたまはず おほむ-ともにもむつましきかぎりしておはしましぬ

204 にはかにとわぶれど ひともききいれず

205 しんでんのひむがしおもてはらひあけさせて かりそめのおほむ-しつらひしたり

206 みづのこころばへなど さるかたにをかしくしなしたり

207 ゐなかいへ-だつしばがきして せんさいなどこころとめてうゑたり

208 かぜすずしくて そこはかとなきむしのこゑごゑきこエ ほたるしげくとびまがひて をかしきほどなり

209 ひとびと わたどのよりいでたるいづみにのぞきゐて さけのむ

210 あるじもさかなもとむと こゆるぎのいそぎありくほど きみはのどやかにながめたまひて かの なかのしなにとりいでていひし このなみならむかしとおぼしいづ

211 おもひあがれるけしきにききおきたまへるむすめなれば ゆかしくてみみとどめたまへるに このにしおもてにぞひとのけはひする

212 きぬのおとなひはらはらとして わかきこゑ-どもにくからず さすがにしのびて わらひなどするけはひ ことさらびたり

213 かうしをあげたりけれど かみ こころなしとむつかりておろしつれば ひともしたるすきかげ さうじのかみよりもりたるに やをらよりたまひてみゆや とおぼせど ひまもなければ しばしききたまふに このちかきもやにつどひゐたるなるべし うち-ささめきいふこと-どもをききたまへば わがおほむ-うへなるべし

214 いといたうまめだちて まだきに やむごとなきよすがさだまりたまへるこそ さうざうしかめれ

215 されど さるべきくまには よくこそ かくれありきたまふなれ などいふにも

216 おぼすことのみこころにかかりたまへば まづむねつぶれて かやうのついでにも ひとのいひもらさむを ききつけたらむとき などおぼエたまふ

217 ことなることなければ ききさしたまひつ

218 しきぶきやう-の-みやのひめぎみにあさがほたてまつりたまひしうたなどを すこしほほゆがめてかたるもきこゆ

219 くつろぎ-がましく うたずんじ-がちにもあるかな なほみおとりはしなむかし とおぼす

220 かみいできて とうろかけそへ ひあかくかかげなどして おほむ-くだものばかりまゐれり

221 とばりちやうも いかにぞは さるかたのこころもとなくては めざましきあるじならむ とのたまへば

222 なによけむとも えうけたまはらず とかしこまりてさぶらふ

223 はしつかたのおましに かりなるやうにて おほとのごもれば ひとびともしづまりぬ

224 あるじのこども をかしげにてあり わらはなる てんじやうのほどにごらんじなれたるもあり いよ-の-すけのこもあり

225 あまたあるなかに いとけはひあてはかにて じふに さむばかりなるもあり

226 いづれかいづれ などとひたまふに

227 これは こ-えもん-の-かみのすゑのこにて いとかなしくしはべりけるを をさなきほどにおくれはべりて あねなるひとのよすがに かくてはべるなり

228 ざえなどもつきはべりぬべく けしうははべらぬを てんじやうなどもおもひたまへかけながら すがすがしうはえまじらひはべらざめる とまうす

229 あはれのことや このあねぎみや まうとののちのおや さなむはべるとまうすに

230 にげなきおやをも まうけたりけるかな うへにもきこしめしおきて みやづかへにいだしたてむともらしそうせし いかになりにけむと いつぞやのたまはせし よこそさだめなきものなれ といとおよすけのたまふ

231 ふいに かくてものしはべるなり よのなかといふもの さのみこそ いまもむかしも さだまりたることはべらね なかについても をむなのすくせはうかびたるなむ あはれにはべる などきこエさす

232 いよ-の-すけは かしづくや きみとおもふらむな

233 いかがは わたくしのしゆうとこそはおもひてはべるめるを すきずきしきことと なにがしよりはじめて うけひきはべらずなむ とまうす

234 さりとも まうと-たちのつきづきしくいまめきたらむに おろしたてむやは かのすけは いとよしありてけしきばめるをやなど ものがたりしたまひて

235 いづかたにぞ みな しもやにおろしはべりぬるを えやまかりおりあへざらむ ときこゆ

236 ゑひすすみて みなひとびとすのこにふしつつ しづまりぬ

237 きみはとけてもねられたまはず いたづらぶしとおぼさるるにおほむ-めさめて このきたのさうじのあなたにひとのけはひするを

238 こなたや かくいふひとのかくれたるかたならむ あはれやとみこころとどめて やをらおきてたちききたまへば

239 ありつるこのこゑにて ものけたまはる いづくにおはしますぞ とかれたるこゑのをかしきにていへば

240 ここにぞふしたる まらうとはねたまひぬるか いかにちかからむとおもひつるを されどけ-どほかりけりといふ

241 ねたりけるこゑのしどけなき いとよくにかよひたれば いもうととききたまひつ

242 ひさしにぞおほとのごもりぬる おとにききつるおほむ-ありさまをみたてまつりつる げにこそめでたかりけれ とみそかにいふ

243 ひるならましかば のぞきてみたてまつりてまし とねぶたげにいひて かほひきいれつるこゑす

244 ねたう こころとどめてもとひきけかし とあぢきなくおぼす

245 まろははしにねはべらむ あなくるし とてひかかげなどすべし

246 をむなぎみは ただこのさうじぐちすぢかひたるほどにぞふしたるべき

247 ちゆうじやう-の-きみはいづくにぞ ひとげとほきここちして もの-おそろしといふなれば なげしのしもにひとびとふしていらへすなり しもにゆにおりて ただいままゐらむとはべるといふ

248 みなしづまりたるけはひなれば かけがねをこころみにひきあけたまへれば あなたよりはささざりけり

249 きちやうをさうじぐちにはたてて ひはほの-くらきに みたまへばからびつ-だつものどもをおきたれば 

250 なま-わづらはしけれど うへなるきぬおしやるまで もとめつるひととおもへり

251 ちゆうじやうめしつればなむ ひとしれぬおもひの しるしあるここちしてとのたまふを

252 ともかくもおもひわかれず ものにおそはるるここちして やとおびゆれど かほにきぬのさはりておとにもたてず

253 うちつけに ふかからぬこころのほどとみたまふらむ ことわりなれど としごろおもひわたるこころのうちも きこエしらせむとてなむ かかるをりをまちいでたるも さらにあさくはあらじとおもひなしたまへと

254 いとやはらかにのたまひて おにがみもあらだつまじきけはひなれば はしたなく ここに ひと とも えののしらず ここちはたわびしく あるまじきこととおもへばあさましく ひとたがへにこそはべるめれといふもいきのしたなり

255 きエまどへるけしき いとこころぐるしくらうたげなれば をかしとみたまひて

256 たがふべくもあらぬこころのしるべを おもはずにもおぼめいたまふかな

257 すきがましきさまには よにみエたてまつらじ おもふことすこしきこゆべきぞ とて

258 いとちひさやかなれば かき-いだきてさうじのもといでたまふにぞ もとめつるちゆうじやう-だつひときあひたる

259 ややとのたまふに あやしくてさぐりよりたるにぞ いみじくにほひみちて かほにもくゆりかかるここちするに おもひよりぬ

260 あさましう こはいかなることぞとおもひまどはるれど きこエむかたなし

261 なみなみのひとならばこそあららかにもひき-かなぐらめ それだにひとのあまたしらむはいかがあらむ

262 こころもさわぎてしたひきたれどどうもなくて おくなるおましにいりたまひぬ

263 さうじをひきたてて あかつきにおほむ-むかへにものせよとのたまへば

264 をむなは このひとのおもふらむことさへしぬばかりわりなきに ながるるまであせになりて いとなやましげなる

265 いとほしけれど れいの いづこよりとうでたまふことのはにかあらむ あはれしらるばかり なさけなさけしくのたまひつくすべかめれど

266 なほいとあさましきに うつつともおぼエずこそ かずならぬみながらも おぼしくたしけるみこころばへのほども いかがあさくはおもうたまへざらむ いとかやうなるきはは きはとこそはべなれとて

267 かくおしたちたまへるを ふかくなさけなくうしとおもひいりたるさまも げにいとほしく こころはづかしきけはひなれば

268 そのきはぎはをまだしらぬうひごとぞや なかなか おしなべたるつらにおもひなしたまへるなむうたてありける おのづからききたまふやうもあらむ あながちなるすきごころはさらにならはぬを さるべきにや げに かくあはめられたてまつるもことわりなるこころまどひを みづからもあやしきまでなむなど まめ-だちてよろづにのたまへど

269 いとたぐひなきおほむ-ありさまの いよいようちとけきこエむことわびしければ すくよかにこころづきなしとはみエたてまつるとも さるかたのいふかひ-なきにてすぐしてむと おもひて つれなくのみもてなしたり

270 ひとがらのたをやぎたるに つよきこころをしひてくはへたれば なよたけのここちして さすがにをるべくもあらず

271 まことにこころやましくて あながちなるみこころばへを いふかたなしとおもひてなくさまなど いとあはれなり

272 こころぐるしくはあれど みざらましかばくちをしからましとおぼす

273 なぐさめがたく うしとおもへれば などかくうとましきものにしもおぼすべき おぼエなきさまなるしもこそ ちぎりあるとはおもひたまはめ むげによをおもひしらぬやうにおぼほれたまふなむ いとつらきとうらみられて

274 いとかくうきみのほどのさだまらぬ ありしながらのみにて かかるみこころばへをみましかば あるまじきわがたのみにてみなほしたまふのちせをも おもひたまへなぐさめましを いとかうかりなるうきねのほどをおもひはべるに たぐひなくおもうたまへまどはるるなり

275 よし いまはみきとなかけそ とておもへるさま げにいとことわりなり

276 おろかならずちぎりなぐさめたまふことおほかるべし

277 とりもなきぬ ひとびとおきいでて いといぎたなかりけるよかな みくるまひきいでよなどいふなり

278 かみもいできて をむななどのおほむ-かたたがへこそ よぶかくいそがせたまふべきかはなどいふもあり

279 きみは またかやうのついであらむこともいとかたく さしはえてはいかでか おほむ-ふみなどもかよはむことのいとわりなきをおぼすに いとむねいたし

280 おくのちゆうじやうもいでて いとくるしがれば ゆるしたまひても またひきとどめたまひつつ いかでかきこゆべき よにしらぬみこころのつらさもあはれも あさからぬよのおもひいでは さまざまめづらかなるべきためしかなとて うち-なきたまふけしき いとなまめきたり

281 とりもしばしばなくに こころあわたたしくて つれなきをうらみもはてぬしののめに とりあへぬまでおどろかすらむ

282 をむな みのありさまをおもふに いとつきなくまばゆきここちして めでたきおほむ-もてなしもなにともおぼエず つねはいとすくすくしくこころづきなしと おもひあなづるいよのかたのおもひやられて ゆめにやみゆらむと そら-おそろしくつつまし

283 みのうさをなげくにあかであくるよは とりかさねてぞねもなかれける

284 こととあかくなれば さうじぐちまでおくりたまふ

285 うちもともひとさわがしければ ひきたてて わかれたまふほど こころぼそく へだつるせきとみエたり

286 おほむ-なほしなどきたまひて みなみのかうらんにしばしうち-ながめたまふ

287 にしおもてのかうしそそきあげて ひとびとのぞくべかめる

288 すのこのなかのほどにたてたるこさうじのかみよりほのかにみエたまへるおほむ-ありさまを みにしむばかりおもへるすきごころ-どもあめり

289 つきはありあけにて ひかりをさまれるものから かげけざやかにみエて なかなかをかしきあけぼのなり

290 なにごこころなきそらのけしきも ただみるひとから えんにもすごくもみゆるなりけり

291 ひとしれぬみこころには いとむねいたく ことづてやらむよすがだになきをと かへりみ-がちにていでたまひぬ

292 とのにかへりたまひても とみにもまどろまれたまはず

293 またあひみるべきかたなきを まして かのひとのおもふらむこころのうち いかならむと こころぐるしくおもひやりたまふ

294 すぐれたることはなけれど めやすくもてつけてもありつるなかのしなかな くまなくみあつめたるひとのいひしことは げに とおぼしあはせられけり

295 このほどは おほいどのにのみおはします

296 なほいとかき-たエて おもふらむことのいとほしくみこころにかかりて くるしくおぼしわびて き-の-かみをめしたり

297 かの ありしちうなごんのこは えさせてむや らうたげにみエしを みぢかくつかふひとにせむ うへにもわれたてまつらむとのたまへば

298 いとかしこきおほせごとにはべるなり あねなるひとにのたまひみむとまうすも むねつぶれておぼせど

299 そのあねぎみは あそむのおとうとやもたる

300 さもはべらず このふたとせばかりぞ かくてものしはべれど おやのおきてにたがへりとおもひなげきて こころゆかぬやうになむ ききたまふる

301 あはれのことや よろしくきこエしひとぞかし まことによしやとのたまへば

302 けしうははべらざるべし もて-はなれてうとうとしくはべれば よのたとひにて むつびはべらずとまうす

303 さて いつかむゆかありて このこゐてまゐれり

304 こまやかにをかしとはなけれど なまめきたるさまして あてびととみエたり

305 めしいれて いとなつかしくかたらひたまふ

306 わらはごこちに いとめでたくうれしとおもふ

307 いもうとのきみのこともくはしくとひたまふ

308 さるべきことはいらへきこエなどして はづかしげにしづまりたれば うち-いでにくし されどいとよくいひしらせたまふ

309 かかることこそはと ほの-こころうるも おもひのほかなれど をさなごこちにふかくしもたどらず

310 おほむ-ふみをもてきたれば をむなあさましきになみだもいできぬ

311 このこのおもふらむこともはしたなくて さすがに おほむ-ふみをおもがくしにひろげたり

312 いとおほくて みしゆめをあふよありやとなげくまに めさへあはでぞころもへにける ぬるよなければなど めもおよばぬおほむ-かきざまも きりふたがりて こころえぬすくせうち-そへりけるみをおもひつづけてふしたまへり

313 またのひ こぎみめしたれば まゐるとておほむ-かへりこふ

314 かかるおほむ-ふみみるべきひともなし ときこエよとのたまへば

315 うち-ゑみて たがふべくものたまはざりしものを いかがさはまうさむといふに こころやましく のこりなくのたまはせ しらせてけるとおもふに つらきことかぎりなし

316 いで およすけたることはいはぬぞよき さは なまゐりたまひそとむつかられて

317 めすには いかでかとて まゐりぬ

318 き-の-かみ すきごころにこのままははのありさまをあたらしきものにおもひて ついしようしありけば このこをもてかしづきて ゐてありく

319 きみ めしよせて きのふまちくらししを なほあひおもふまじきなめりとゑんじたまへば かほうち-あかめてゐたり

320 いづらとのたまふに しかしかとまうすに いふかひ-なのことや あさましとて またもたまへり

321 あこはしらじな そのいよのおきなよりは さきにみしひとぞ

322 されど たのもしげなくくびほそしとて ふつつかなるうしろみまうけて かくあなづりたまふなめり

323 さりとも あこはわがこにてをあれよ このたのもしびとは ゆくさきみじかかりなむとのたまへば

324 さもやありけむ いみじかりけることかなとおもへる をかしとおぼす

325 このこをまつはしたまひて うちにもゐてまゐりなどしたまふ

326 わがみくしげどのにのたまひて さうぞくなどもせさせ まことにおやめきてあつかひたまふ

327 おほむ-ふみはつねにあり されど このこもいとをさなし こころよりほかにちりもせば かろがろしきなさへとり-そへむ みのおぼエをいとつきなかるべくおもへば めでたきこともわがみからこそとおもひて うちとけたるおほむ-いらへもきこエず

328 ほのかなりしおほむ-けはひありさまは げに なべてにやはと おもひいできこエぬにはあらねど をかしきさまをみエたてまつりても なににかはなるべきなどおもひかへすなりけり

329 きみはおぼしおこたるときのまもなく こころぐるしくもこひしくもおぼしいづ

330 おもへりしけしきなどのいとほしさも はるけむかたなくおぼしわたる

331 かろがろしくはひ-まぎれたちよりたまはむも ひとめしげからむところに びんなきふるまひやあらはれむと ひとのためもいとほしく とおぼしわづらふ

332 れいの うちにひかずへたまふころ さるべきかたのいみまちいでたまふ

333 にはかにまかでたまふまねして みちのほどよりおはしましたり

334 き-の-かみおどろきて やりみづのめいぼくとかしこまりよろこぶ

335 こぎみには ひるより かくなむおもひよれる とのたまひちぎれり

336 あけくれまつはしならしたまひければ こよひもまづめしいでたり

337 をむなもさるおほむ-せうそこありけるに おぼしたばかりつらむほどは あさくしもおもひなされねど さりとてうちとけ ひとげなきありさまをみエたてまつりても あぢきなく ゆめのやうにてすぎにしなげきを またやくはへむとおもひみだれて なほさてまちつけきこエさせむことのまばゆければ こぎみがいでていぬるほどに

338 いとけ-ぢかければ かたはらいたし なやましければ しのびてうち-たたかせなどせむに ほどはなれてをとて わたどのに ちゆうじやうといひしがつぼねしたるかくれに うつろひぬ

339 さるこころして ひととくしづめて おほむ-せうそこあれど こぎみはたづねあはず

340 よろづのところもとめありきて わたどのにわけいりて からうしてたどりきたり

341 いとあさましくつらしとおもひて いかにかひなしとおぼさむと なきぬばかりいへば

342 かく けしからぬこころばへは つかふものか をさなきひとのかかることいひつたふるは いみじくいむなるものをといひおどして

343 ここちなやましければ ひとびとさけずおさへさせてなむときこエさせよ あやしとたれもたれもみるらむといひ-はなちて

344 こころのうちには いと かくしなさだまりぬるみのおぼエならで すぎにしおやのおほむ-けはひとまれるふるさとながら たまさかにもまちつけたてまつらば をかしうもやあらまし

345 しひておもひしらぬかほにみけつも いかにほどしらぬやうにおぼすらむと こころながらもむねいたく さすがにおもひみだる

346 とてもかくても いまはいふかひ-なきしゆくせなりければ むじんにこころづきなくてやみなむとおもひはてたり

347 きみは いかにたばかりなさむと まだをさなきをうしろめたくまちふしたまへるに ふようなるよしをきこゆれば あさましくめづらかなりけるこころのほどを みもいとはづかしくこそなりぬれと いといとほしきみけしきなり

348 とばかりものものたまはず いたくうめきて うしとおぼしたり

349 ははきぎのこころをしらでそのはらの みちにあやなくまどひぬるかな きこエむかたこそなけれとのたまへり

350 をむなもさすがにまどろまざりければ かずならぬふせやにおふるなのうさに あるにもあらずきゆるははきぎ ときこエたり

351 こぎみ いといとほしさにねぶたくもあらでまどひありくを ひとあやしとみるらむとわびたまふ

352 れいの ひとびとはいぎたなきに ひとところすずろにすさまじくおぼしつづけらるれど ひとににぬこころざまの なほきエずたちのぼれりけるとねたく かかるにつけてこそこころもとまれと かつはおぼしながら めざましくつらければ さばれとおぼせども さもおぼしはつまじく

353 かくれたらむところに なほゐていけとのたまへど

354 いとむつかしげにさし-こめられて ひとあまたはべるめれば かしこげにときこゆ いとほしとおもへり

355 よし あこだになすてそとのたまひて おほむ-かたはらにふせたまへり

356 わかくなつかしきおほむ-ありさまを うれしくめでたしとおもひたれば つれなきひとよりは なかなかあはれにおぼさるとぞ

2021-02-11

Posted by 管理者