きりつぼ(仮名)

2021-02-11

イ:や行の「い」/エ:や行の「え」

001 いづれのおほむときにか にようごかういあまたさぶらひたまひけるなかに いとやむごとなききはにはあらぬが すぐれてときめきたまふ ありけり

002 はじめより われはとおもひあがりたまへるおほむかたがた めざましきものにおとしめそねみたまふ

003 おなじほど それよりげらふのかういたちは ましてやすからず

004 あさゆふのみやづかへにつけても ひとのこころをのみうごかし うらみをおふつもりにやありけむ いとあづしくなりゆき ものこころぼそげにさとがちなるを いよいよあかずあはれなるものにおもほして ひとのそしりをもえはばからせたまはず よのためしにもなりぬべきおほむもてなしなり

005 かむだちめうへびとなどもあいなくめをそばめつつ いとまばゆきひとのおほむおぼえなり もろこしにもかかることのおこりにこそよもみだれあしかりけれと やうやうあめのしたにもあぢきなうひとのもてなやみぐさになりて やうきひのためしもひきいでつべくなりゆくに いとはしたなきことおほかれど かたじけなきみこころばへのたぐひなきをたのみにて まじらひたまふ

006 ちちのだいなごんはなくなりて ははきたのかたなむいにしへのひとのよしあるにて おやうちぐしさしあたりてよのおぼえはなやかなるおほむかたがたにもいたうおとらず なにごとのぎしきをももてなしたまひけれど とりたててはかばかしきうしろみしなければ ことあるときはなほよりどころなくこころぼそげなり

007 さきのよにもおほむちぎりやふかかりけむ よになくきよらなるたまのをのこみこさへむまれたまひぬ

008 いつしかとこころもとながらせたまひて いそぎまゐらせてごらんずるに めづらかなるちごのおほむかたちなり

009 いちのみこはうだいじんのにようごのおほむはらにて よせおもくうたがひなきまうけのきみとよにもてかしづききこゆれど このおほむにほひにはならびたまふべくもあらざりければ おほかたのやむごとなきおほむおもひにて このきみをばわたくしものにおもほしかしづきたまふことかぎりなし

010 はじめより おしなべてのうへみやづかへしたまふべき きはにはあらざりき

011 おぼえいとやむごとなくじやうずめかしけれど わりなくまつはさせたまふあまりに さるべきおほむあそびのをりをりなにごとにもゆゑあることのふしぶしにはまづまうのぼらせたまふ あるときにはおほとのごもりすぐしてやがてさぶらはせたまひなど あながちにおまへさらずもてなさせたまひしほどに おのづからかろきかたにもみえしを

012 このみこうまれたまひてのちは いとこころことにおもほしおきてたれば ばうにもようせずはこのみこのゐたまふべきなめりと いちのみこのにようごはおぼしうたがへり

013 ひとよりさきにまゐりたまひて やむごとなきおほむおもひなべてならず みこたちなどもおはしませば このおほむかたのおほむいさめをのみぞ なほわづらはしうこころぐるしうおもひきこえさせたまひける

014 かしこきみかげをばたのみきこえながら おとしめきずをもとめたまふひとはおほく わがみはかよわく ものはかなきありさまにて なかなかなるものおもひをぞしたまふ

015 みつぼねはきりつぼなり

016 あまたのおほむかたがたをすぎさせたまひて ひまなきおまへわたりに ひとのみこころをつくしたまふも げにことわりとみえたり

017 まうのぼりたまふにも あまりうちしきるをりをりは うちはしわたどののここかしこのみちに あやしきわざをしつつ おほむおくりむかへのひとのきぬのすそ たへがたくまさなきこともあり

018 またあるときには えさらぬめだうのとをさしこめ こなたかなたこころをあはせて はしたなめわづらはせたまふときもおほかり

019 ことにふれてかずしらずくるしきことのみまされば いといたうおもひわびたるを いとどあはれとごらんじて こうらうでんにもとよりさぶらひたまふかういのざうしを ほかにうつさせたまひて うへつぼねにたまはす

020 そのうらみましてやらむかたなし

021 このみこみつになりたまふとし おほむはかまぎのこと いちのみやのたてまつりしにおとらず くらづかさをさめどののものをつくしていみじうせさせたまふ

022 それにつけてもよのそしりのみおほかれど このみこのおよすげもておはするおほむかたちこころばへ ありがたくめづらしきまでみえたまふを えそねみあへたまはず

023 もののこころしりたまふひとは かかるひともよにいでおはするものなりけりと あさましきまでめをおどろかしたまふ

024 そのとしのなつ みやすむどころはかなきここちにわづらひたまひて まかでなむとしたまふを いとまさらにゆるさせたまはず

025 としごろつねのあづしさになりたまへれば おほむめなれてなほしばしこころみよとのみのたまはするに ひびにおもりたまひて ただいつかむゆかのほどにいとよわうなれば ははぎみなくなくそうしてまかでさせたてまつりたまふ

026 かかるをりにも あるまじきはぢもこそとこころづかひして みこをばとどめたてまつりて しのびてぞいでたまふ

027 かぎりあれば さのみもえとどめさせたまはず ごらんじだにおくらぬおぼつかなさを いふかたなくおもほさる

028 いとにほひやかにうつくしげなるひとの いたうおもやせて いとあはれとものをおもひしみながら ことにいでてもきこえやらず あるかなきかにきえいりつつものしたまふを ごらんずるに きしかたゆくすゑおぼしめされず よろづのことをなくなくちぎりのたまはすれど おほむいらへもえきこえたまはず まみなどもいとたゆげにて いとどなよなよとわれかのけしきにてふしたれば いかさまにとおぼしめしまどはる

029 てぐるまのせんじなどのたまはせても またいらせたまひて さらにえゆるさせたまはず

030 かぎりあらむみちにもおくれさきだたじと ちぎらせたまひけるを さりともうちすててはえゆきやらじ とのたまはするを をむなもいといみじとみたてまつりて

031  かぎりとて わかるるみちのかなしきに いかまほしきはいのちなりけり
いとかくおもひたまへましかばと

032 いきもたえつつ きこえまほしげなることはありげなれど いとくるしげにたゆげなれば かくながらともかくもならむを ごらんじはてむとおぼしめすに けふはじむべきいのりども さるべきひとびとうけたまはれる こよひよりと きこえいそがせば わりなくおもほしながら まかでさせたまふ

033 おほむむねつとふたがりて つゆまどろまれず あかしかねさせたまふ

034 おほむつかひのゆきかふほどもなきに なほいぶせさをかぎりなくのたまはせつるを よなかうちすぐるほどになむたえはてたまひぬる とてなきさわげば おほむつかひもいとあへなくてかへりまゐりぬ

035 きこしめすみこころまどひ なにごともおぼしめしわかれず こもりおはします

036 みこはかくてもいとごらんぜまほしけれど かかるほどにさぶらひたまふ れいなきことなれば まかでたまひなむとす

037 なにごとかあらむともおぼしたらず さぶらふひとびとのなきまどひ うへもおほむなみだのひまなくながれおはしますを あやしとみたてまつりたまへるを よろしきことにだにかかるわかれのかなしからぬはなきわざなるを ましてあはれにいふかひなし

038 かぎりあれば れいのさほふにをさめたてまつるを ははきたのかた おなじけぶりにのぼりなむとなきこがれたまひて おほむおくりのにようばうのくるまにしたひのりたまひて おたぎといふところに いといかめしうそのさほふしたるに おはしつきたるここち いかばかりかはありけむ

039 むなしきおほむからをみるみる なほおはするものとおもふがいとかひなければ はひになりたまはむをみたてまつりて いまはなきひととひたぶるにおもひなりなむと さかしうのたまひつれど くるまよりもおちぬべうまろびたまへば さはおもひつかしと ひとびともてわづらひきこゆ

040 うちよりおほむつかひあり みつのくらゐおくりたまふよし ちよくしきてそのせんみやうよむなむ かなしきことなりける

041 にようごとだにいはせずなりぬるが あかずくちをしうおぼさるれば いまひときざみのくらゐをだにと おくらせたまふなりけり

042 これにつけても にくみたまふひとびとおほかり

043 ものおもひしりたまふは さまかたちなどのめでたかりしこと こころばせのなだらかにめやすくにくみがたかりしことなど いまぞおぼしいづる さまあしきおほむもてなしゆゑこそ すげなうそねみたまひしか

044 ひとがらのあはれに なさけありしみこころを うへのにようばうなどもこひしのびあへり

045 なくてぞとは かかるをりにや とみえたり

046 はかなくひごろすぎて のちのわざなどにもこまかにとぶらはせたまふ

047 ほどふるままに せむかたなうかなしうおぼさるるに おほむかたがたのおほむとのゐなどもたえてしたまはず ただなみだにひちてあかしくらさせたまへば みたてまつるひとさへつゆけきあきなり

048 なきあとまで ひとのむねあくまじかりけるひとの おほむおぼえかなとぞ こうきでんなどには なほゆるしなうのたまひける

049 いちのみやをみたてまつらせたまふにも わかみやのおほむこひしさのみおもほしいでつつ したしきにようばうおほむめのとなどをつかはしつつ ありさまをきこしめす

050 のわきだちてにはかにはださむきゆふぐれのほど つねよりもおぼしいづることおほくて ゆげひのみやうぶといふをつかはす

051 ゆふづくよのをかしきほどに いだしたてさせたまひて やがてながめおはします

052 かうやうのをりは おほむあそびなどせさせたまひしに こころことなるもののねをかきならし はかなくきこえいづることのはも ひとよりはことなりしけはひかたちのおもかげにつとそひておぼさるるにも やみのうつつにはなほおとりけり

053 みやうぶかしこにまでつきて かどひきいるるより けはひあはれなり

054 やもめずみなれど ひとひとりのおほむかしづきに とかくつくろひたてて めやすきほどにて すぐしたまひつる やみにくれてふししづみたまへるほどに くさもたかくなり のわきにいとどあれたるここちして つきかげばかりぞ やへむぐらにもさはらずさしいりたる

055 みなみおもてにおろして ははぎみもとみにえものものたまはず

056 いままでとまりはべるがいとうきを かかるおほむつかひのよもぎふのつゆわけいりたまふにつけても いとはづかしうなむとて げにえたふまじくないたまふ

057 まゐりては いとどこころぐるしう こころぎももつくるやうになむと ないしのすけのそうしたまひしを ものおもうたまへしらぬここちにも げにこそいとしのびがたうはべりけれとて ややためらひて おほせごとつたへきこゆ

058 しばしはゆめかとのみたどられしを やうやうおもひしづまるにしも さむべきかたなくたへがたきは いかにすべきわざにかとも とひあはすべきひとだになきを しのびてはまゐりたまひなむや

059 わかみやのいとおぼつかなく つゆけきなかにすぐしたまふも こころぐるしうおぼさるるを とくまゐりたまえなど はかばかしうものたまはせやらず むせかへらせたまひつつ かつはひともこころよわくみたてまつるらむと おぼしつつまぬにしもあらぬみけしきのこころぐるしさに うけたまはりはてぬやうにてなむ まかではべりぬるとて おほむふみたてまつる

060 めもみえはべらぬに かくかしこきおほせごとをひかりにてなむとて みたまふ

061 ほどへばすこしうちまぎるることもやと まちすぐすつきひにそへていとしのびがたきは わりなきわざになむ いはけなきひとをいかにとおもひやりつつ もろともにはぐくまぬおぼつかなさを いまはなほむかしのかたみになずらへてものしたまへなど こまやかにかかせたまへり

062  みやぎののつゆふきむすぶかぜのおとに こはぎがもとをおもひこそやれ 
とあれど えみたまひはてず

063 いのちながさのいとつらうおもひたまへしらるるに まつのおもはむことだにはづかしうおもうたまへはべれば ももしきにゆきかひはべらむことはましていとはばかりおほくなむ かしこきおほせごとをたびたびうけたまはりながら みづからはえなむおもひたまへたつまじき

064 わかみやはいかにおもほししるにか まゐりたまはむことをのみなむおぼしいそぐめれば ことわりにかなしうみたてまつりはべるなど うちうちにおもうたまふるさまをそうしたまへ ゆゆしきみにはべれば かくておはしますもいまいましうかたじけなくなむ とのたまふ

065 みやはおほとのごもりにけり

066 みたてまつりて くはしうみありさまもそうしはべらまほしきを まちおはしますらむに よふけはべりぬべし とていそぐ

067 くれまどふこころのやみもたへがたき かたはしをだにはるくばかりに きこえまほしうはべるを わたくしにもこころのどかにまかでたまへ

068 としごろうれしくおもだたしきついでにてたちよりたまひしものを かかるおほむせうそこにてみたてまつる かへすがへすつれなきいのちにもはべるかな

069 うまれしときよりおもふこころありしひとにて こだいなごんいまはとなるまで ただこのひとのみやづかへのほい かならずとげさせたてまつれ われなくなりぬとてくちをしうおもひくづほるなと かへすがへすいさめおかれはべりしかば

070 はかばかしううしろみおもふひともなきまじらひは なかなかなるべきこととおもひたまへながら ただかのゆいごんをたがへじ とばかりにいだしたてはべりしを みにあまるまでのみこころざしのよろづにかたじけなきに ひとげなきはぢをかくしつつまじらひたまふめりつるを ひとのそねみふかくつもり やすからぬことおほくなりそひはべりつるに よこさまなるやうにてつひにかくなりはべりぬれば かへりてはつらくなむかしこきみこころざしをおもひたまへられはべる

071 これもわりなきこころのやみになむと いひもやらずむせかへりたまふほどに よもふけぬ

072 うへもしかなむ

073 わがみこころながら あながちにひとめおどろくばかりおぼされしも ながかるまじきなりけりと いまはつらかりけるひとのちぎりになむ よにいささかもひとのこころをまげたることはあらじとおもふを ただこのひとのゆゑにて あまたさるまじきひとのうらみをおひしはてはては かううちすてられて こころをさめむかたなきに いとどひとわろうかたくなになりはつるも さきのよゆかしうなむと うちかへしつつ おほむしほたれがちにのみおはしますと かたりてつきせず

074 なくなく よいたうふけぬれば こよひすぐさずおほむかへりそうせむと いそぎまゐる

075 つきはいりがたの そらきようすみわたれるに かぜいとすずしくなりて くさむらのむしのこゑごゑもよほしがほなるも いとたちはなれにくきくさのもとなり

076  すずむしのこゑのかぎりをつくしても ながきよあかずふるなみだかな えものりやらず

077  いとどしくむしのねしげきあさぢふに つゆおきそふる くものうへびと かごともきこえつべくなむ といはせたまふ

078 をかしきおほむおくりものなどあるべきをりにもあらねば ただかのおほむかたみにとて かかるようもやとのこしたまへりけるおほむさうぞくひとくだり みぐしあげのてうどめくもの そへたまふ

079 わかきひとびと かなしきことはさらにもいはず うちわたりをあさゆふにならひていとさうざうしく うへのおほむありさまなどおもひいできこゆれば とくまゐりたまはむことをそそのかしきこゆれど

080 かくいまいましきみのそひたてまつらむも いとひとぎきうかるべし また みたてまつらでしばしもあらむは いとうしろめたうおもひきこえたまひて すがすがともえまゐらせたてまつりたまはぬなりけり

081 みやうぶは まだおほとのごもらせたまはざりけると あはれにみたてまつる

082 お-まへのつぼせんざいのいとおもしろきさかりなるをごらんずるやうにて しのびやかに こころにくきかぎりのにようばうしご-にんさぶらはせたまひて おほむ-ものがたりせさせたまふなりけり

083 このごろあけくれごらんずるちやうごんかのおほむ-ゑ ていじ-の-ゐんのかかせたまひて いせつらゆきによませたまへる やまと-ことのはをも もろこしのうたをも ただそのすぢをぞまくらごとにせさせたまふ

084 いとこまやかにありさまとはせたまふ あはれなりつることしのびやかにそうす

085 おほむ-かへりごらんずれば いともかしこきはおきどころもはべらず かかるおほせごとにつけても かき-くらすみだりごこち になむ

086  あらきかぜふせぎしかげのかれしより こはぎがうへぞしづごころなき などやうにみだりがはしきを こころをさめざりけるほどとごらんじゆるすべし

087 いとかうしもみエじとおぼししづむれど さらにえしのびあへさせたまはず ごらんじはじめしとしつきのことさへかきあつめ よろづにおぼしつづけられて ときのまもおぼつかなかりしを かくてもつきひはへにけり とあさましうおぼしめさる

088 こ-だいなごんのゆいごんあやまたず みやづかへのほいふかくものしたりしよろこびは かひあるさまにとこそおもひわたりつれ いふかひ-なしやとうち-のたまはせて いとあはれにおぼし-やる

089 かくてもおのづから わかみやなどおひ-いでたまはば さるべきついでもありなむ いのちながくとこそおもひ-ねんぜめなど のたまはす

090 かのおくりものごらんぜさす なきひとのすみかたづね-いでたりけむ しるしのかむざしならましかば とおもほすもいとかひなし

091  たづねゆくまぼろしもがな つてにてもたまのありかをそことしるべく

092 ゑにかけるやうきひのかたちは いみじきゑしといへども ふでかぎりありければ いとにほひすくなし

093 たいえき-の-ふようびやう-の-やなぎも げにかよひたりしかたちを からめいたるよそひはうるはしうこそありけめ なつかしうらうたげなりしをおぼし-いづるに はなとりのいろにもねにも よそふべきかたぞなき

094 あさゆふのこと-ぐさに はねをならべ えだをかはさむ とちぎらせたまひしに かなはざりけるいのちのほどぞ つきせずうらめしき

095 かぜのおとむしのねにつけて もののみかなしうおぼさるるに こうきでんにはひさしくうへ-の-み-つぼねにもまうのぼりたまはず つきのおもしろきによふくるまで あそびをぞしたまふなる

096 いとすさまじうものしときこしめす このごろのみ-けしきをみたてまつるうへびとにようばうなどは かたはらいたしとききけり

097 いとおしたちかどかどしきところものしたまふおほむ-かたにて ことにもあらずおぼし-けちて もてなしたまふなるべし

098  つきもいりぬ くものうへもなみだにくるるあきのつき いかですむらむ あさぢふのやど

099 おぼしめし-やりつつ ともしびをかかげ-つくしておきおはします

100 うこん-の-つかさのとのゐまうしのこゑ きこゆるはうしになりぬるなるべし

101 ひとめをおぼして よるのおとどにいらせたまひても まどろませたまふことかたし

102 あしたにおきさせたまふとても あくるもしらでとおぼし-いづるにも なほあさまつりごとはおこたらせたまひぬべかめり

103 ものなどもきこしめさず あさがれひのけしきばかりふれさせたまひて だいしやうじのお-ものなどはいとはるかにおぼしめしたれば はいぜんにさぶらふかぎりは こころぐるしきみ-けしきをみたてまつりなげく

104 すべてちかうさぶらふかぎりは をとこをむな いとわりなきわざかな といひあはせつつなげく

105 さるべきちぎりこそはおはしましけめ そこらのひとのそしりうらみをもはばからせたまはず このおほむ-ことにふれたることをばだうりをもうしなはせたまひ いまはたかくよのなかのことをもおもほし-すてたるやうになり-ゆくは いとたいだいしきわざなりと ひと-の-みかどのためしまでひき-いで ささめきなげきけり

106 つきひへて わかみやまゐりたまひぬ

107 いとどこのよのものならずきよらにおよすげたまへれば いとゆゆしうおぼしたり

108 あくる-としのはる ばうさだまりたまふにも いとひきこさまほしうおぼせど おほむ-うしろみすべきひともなく またよのうけひくまじきことなりければ なかなかあやふくおぼし-はばかりて いろにもいださせたまはずなりぬるを さばかりおぼしたれど かぎりこそありけれと よひともきこエにようごもみ-こころおち-ゐたまひぬ

109 かのおほむ-おばきたのかた なぐさむかたなくおぼし-しづみて おはすらむところにだにたづねゆかむとねがひたまひししるしにや つひにうせたまひぬれば またこれをかなしび-おぼすこと かぎりなし

110 みこ む-つになりたまふとしなれば このたびはおぼし-しりてこひ-なきたまふ

111 とし-ごろなれ-むつびきこエたまひつるを みたてまつりおくかなしびをなむ かへすがへすのたまひける

112 いまは うちにのみ さぶらひたまふ

113 なな-つになりたまへば ふみはじめなどせさせたまひて よにしらずさとうかしこくおはすれば あまりおそろしきまでごらんず

114 いまはたれもたれもえにくみたまはじ ははぎみなくてだにらうたうしたまへ とてこうきでんなどにもわたらせたまふおほむ-ともには やがてみ-すのうちにいれたてまつりたまふ

115 いみじきもののふあたかたきなりとも みてはうち-ゑまれぬべきさまのしたまへれば えさし-はなちたまはず

116 をむな-みこ-たちふた-ところ このおほむ-はらにおはしませど なずらひたまふべきだにぞなかりける

117 おほむ-かたがたもかくれたまはず いまよりなまめかしうはづかしげにおはすれば いとをかしううちとけぬあそびぐさに たれもたれもおもひきこエたまへり

118 わざとのご-がくもんはさるものにて ことふえのねにもくもゐをひびかし すべていひ-つづけばことごとしううたてぞなりぬべきひとの おほむ-さまなりける

119 そのころ こまうどのまゐれるなかに かしこきさうにんありけるをきこしめして みやのうちにめさむことは うだ-の-みかどのおほむ-いましめあれば いみじうしのびて このみこをこうろくわんにつかはしたり

120 おほむ-うしろみだちてつかうまつる うだいべんのこのやうにおもはせて ゐてたてまつるに さうにんおどろきて あまたたびかたぶきあやしぶ

121 くにのおやとなりて ていわうのかみなきくらゐにのぼるべきさうおはしますひとの そなたにてみれば みだれうれふることやあらむ おほやけのかためとなりて あめのしたをたすくるかたにてみれば またそのさうたがふべし といふ

122 べんもいとざえかしこきはかせにて いひ-かはしたること-どもなむ いときようありける

123 ふみなどつくりかはして けふあすかへり-さりなむとするに かくありがたきひとにたいめんしたるよろこび かへりてはかなしかるべきこころばへを おもしろくつくりたるに みこもいとあはれなるくをつくりたまへるを かぎりなうめでたてまつりて いみじきおくりもの-どもをささげたてまつる

124 おほやけよりもおほくのものたまはす おのづからことひろごりて もらさせたまはねど とうぐうのおほぢおとどなど いかなることにかと おぼし-うたがひてなむありける

125 みかどかしこきみ-こころに やまとさうをおほせて おぼしよりにけるすぢなれば いままでこのきみをみこにもなさせたまはざりけるを さうにんはまことにかしこかりけりとおぼして む-ほん-の-しんわうの げしやくのよせなきにてはただよはさじ わがみ-よもいとさだめなきを ただうどにておほやけのおほむ-うしろみをするなむ ゆくさきもたのもしげなめること とおぼし-さだめて いよいよみちみちのざえをならはさせたまふ

126 きはことにかしこくて ただうどにはいとあたらしけれど みことなりたまひなば よのうたがひおひたまひぬべくものしたまへば すくエうのかしこきみちのひとにかむがへさせたまふにも おなじさまにまうせば げんじになしたてまつるべく おぼし-おきてたり

127 としつきにそへて みやすむどころのおほむ-ことを おぼし-わするるをりなし

128 なぐさむやとさるべきひとびとまゐらせたまへど なずらひにおぼさるるだにいとかたきよかなと うとましうのみよろづにおぼし-なりぬるに せんだいのし-の-みやの おほむ-かたちすぐれたまへる きこエたかくおはします はは-ぎさきよになくかしづききこエたまふを うへにさぶらふないし-の-すけは せんだいのおほむ-ときのひとにて かのみやにもしたしうまゐりなれたりければ いはけなくおはしまししときよりみたてまつり いまもほの-みたてまつりて うせたまひにしみやすむどころのおほむ-かたちににたまへるひとを さむ-だいのみやづかへにつたはりぬるに えみたてまつりつけぬを きさい-の-みやのひめみやこそいとようおぼエて おひ-いでさせたまへりけれ ありがたきおほむ-かたちびとになむ とそうしけるに まことにやと み-こころとまりて ねむごろにきこエさせたまひけり

129 はは-ぎさき あなおそろしや とうぐう-の-にようごのいとさがなくて きりつぼ-の-かういのあらはにはかなくもてなされにしためしもゆゆしうとおぼし-つつみて すがすがしうもおぼし-たたざりけるほどに きさきもうせたまひぬ

130 こころ-ぼそきさまにておはしますに ただわがをむなみこ-たちのおなじつらにおもひきこエむ といとねむごろにきこエさせたまふ

131 さぶらふひとびと おほむ-うしろみ-たち おほむ-せうとのひやうぶきやう-の-みこなど かくこころぼそくておはしまさむよりは うちずみせさせたまひて み-こころもなぐさむべくなどおぼし-なりて まゐらせたてまつりたまへり

132 ふぢつぼときこゆ

133 げに おほむ-かたちありさま あやしきまでぞおぼエたまへる

134 これは ひとのおほむ-きはまさりて おもひなしめでたく ひともえおとしめきこエたまはねば うけばりてあかぬことなし かれは ひとのゆるしきこエざりしに み-こころざしあやにくなりしぞかし

135 おぼし-まぎるとはなけれど おのづからみ-こころうつろひて こよなうおぼし-なぐさむやうなるも あはれなるわざなりけり

136 げんじ-の-きみはおほむ-あたりさりたまはぬを ましてしげくわたらせたまふおほむ-かたはえはぢ-あへたまはず いづれのおほむ-かたも われひとにおとらむとおぼいたるやはある とりどりにいとめでたけれど うち-おとなびたまへるに いとわかううつくしげにて せちにかくれたまへど おのづからもりみたてまつる

137 はは-みやすむどころもかげだにおぼエたまはぬを いとようにたまへりとないし-の-すけのきこエけるを わかきみ-ここちにいとあはれとおもひきこエたまひて つねにまゐらまほしく なづさひみたててまつらばやとおぼエたまふ

138 うへもかぎりなきおほむ-おもひどちにて なうとみたまひそ あやしくよそへきこエつべきここちなむする なめしとおぼさでらうたくしたまへ つらつきまみなどはいとようにたりしゆゑ かよひてみエたまふもにげなからずなむ などきこエつけたまへれば をさなごこちにも はかなきはなもみぢにつけても こころざしをみエたてまつる

139 こよなうこころ-よせきこエたまへれば こうきでん-の-にようご またこのみやともおほむ-なかそばそばしきゆゑ うち-そへて もとよりのにくさもたち-いでて ものしとおぼしたり

140 よにたぐひなしとみたてまつりたまひ なだかうおはするみやのおほむ-かたちにも なほにほはしさはたとへむかたなくうつくしげなるを よのひと ひかる-きみときこゆ ふぢつぼならびたまひて おほむ-おぼエもとりどりなれば かかやく-ひのみやときこゆ

141 このきみのおほむ-わらはすがた いとかへ-ま-うくおぼせど じふ-ににておほん-げんぷくしたまふ

142 ゐ-たちおぼし-いとなみて かぎりあることにことをそへさせたまふ

143 ひととせのとうぐうのおほん-げんぷく なでんにてありしぎしき よそほしかりしおほむ-ひびきに おとさせたまはず

144 ところどころのきやうなど くらづかさこくさうゐんなど おほやけごとにつかうまつれる おろそかなることもぞと とりわきおほせごとありて きよらをつくしてつかうまつれり

145 おはします-でんのひむがしのひさし ひむがし-むきにいしたてて くわんざのご-ざ ひきいれ-の-おとどのご-ざ お-まへにあり

146 さるのときにて げんじまゐりたまふ

147 みづらゆひたまへるつらつきかほのにほひさま かへたまはむこと をしげなり

148 おほくらきやう くらびとつかうまつる

149 いときよらなるみ-ぐしをそぐほど こころぐるしげなるを うへは みやすむどころのみましかば とおぼし-いづるに たへがたきを こころ-づよくねんじ-かへさせたまふ

150 かうぶりしたまひて おほむ-やすみどころにまかでたまひて おほむ-ぞたてまつり-かへて おりてはいしたてまつりたまふさまに みなひとなみだおとしたまふ

151 みかどはた ましてえしのび-あへたまはず おぼし-まぎるるをりもありつるむかしのこと とりかへしかなしくおぼさる

152 いとかうきびはなるほどはあげおとりや とうたがはしくおぼされつるを あさましううつくしげさそひたまへり

153 ひきいれ-の-おとどのみこ-ばらに ただひとりかしづきたまふおほむ-むすめ とうぐうよりもみ-けしきあるを おぼし-わづらふことありける このきみにたてまつらむのみ-こころなりけり

154 うちにもみ-けしきたまはらせたまへりければ さらばこのをりのうしろみなかめるを そひぶしにもと もよほさせたまひければ さおぼしたり

155 さぶらひにまかでたまひて ひとびとおほみきなどまゐるほど みこ-たちのおほむ-ざのすゑに げんじつきたまへり

156 おとどけしきばみ きこエたまふことあれど もののつつましきほどにて ともかくもあへ-しらひきこエたまはず

157 お-まへより ないしせんじうけたまはりつたへて おとどまゐりたまふべきめしあれば まゐりたまふ

158 おほむ-ろくのもの うへ-の-みやうぶとりてたまふ しろきおほうちきにおほむ-ぞひと-くだり れいのことなり

159 おほむ-さかづきのついでに いときなきはつ-もとゆひに ながきよを ちぎるこころは むすびこめつや み-こころばへありて おどろかさせたまふ

160  むすびつるこころもふかきもとゆひに こきむらさきのいろしあせずは とそうして ながはしよりおりて ぶたふしたまふ

161 ひだり-の-つかさのおほむ-むま くらうど-どころのたか すゑてたまはりたまふ

162 み-はしのもとに みこ-たちかむだちめつらねて ろく-どもしなじなにたまはりたまふ

163 そのひのお-まへのをりびつものこものなど う-だいべんなむうけたまはりて つかうまつらせける

164 とんじきろくのからびつ-どもなどところせきまで とうぐうのおほん-げんぷくのをりにもかずまされり

165 なかなかかぎりもなく いかめしうなむ

166 そのよ おとどのおほむ-さとに げんじ-の-きみまかでさせたまふ

167 さほふよにめづらしきまで もて-かしづききこエたまへり

168 いときびはにておはしたるを ゆゆしううつくしと おもひきこエたまへり

169 をむなぎみはすこしすぐしたまへるほどに いとわかうおはすれば にげなくはづかしとおぼいたり

170 このおとどのおほむ-おぼエ いとやむごとなきに ははみやうちのひと-つ-きさいばらになむおはしければ いづかたにつけてもいとはなやかなるに このきみさへかくおはしそひぬれば とうぐうのおほむ-おほぢにて つひによのなかをしりたまふべきみぎ-の-おとどのおほむ-いきほいは ものにもあらずおされたまへり

171 みこ-どもあまたはらばらに ものしたまふ

172 みやのおほむ-はらは くらうど-の-せうしやうにて いとわかうをかしきを みぎ-の-おとどのおほむ-なかはいとよからねど えみ-すぐしたまはで かしづきたまふし-の-きみにあはせたまへり おとらずもて-かしづきたるは あらまほしきおほむ-あはひ-どもになむ

173 げんじ-の-きみは うへのつねにめし-まつはせば こころ-やすくさとずみもえしたまはず こころのうちには ただふぢつぼのおほむ-ありさまを たぐひなしとおもひきこエて さやうならむひとをこそみめ にるひとなくもおはしけるかな おほいどの-の-きみ いとをかしげにかしづかれたるひととはみゆれど こころにもつかずおぼエたまひて をさなきほどのこころひと-つにかかりて いとくるしきまでぞおはしける

174 おとなになりたまひて のちは ありしやうにみ-すのうちにもいれたまはず

175 おほむ-あそびのをりをり ことふえのねにきこエかよひ ほのかなるおほむ-こゑをなぐさめにて うちずみのみこのましうおぼエたまふ

176 いつ-かむゆ-かさぶらひたまひて おほいどのにふつ-かみ-かなどたエだエにまかでたまへど ただ いまはをさなきおほむ-ほどにつみなくおぼし-なして いとなみかしづききこエたまふ

177 おほむ-かたがたのひとびと よのなかにおしなべたらぬをえりととのへすぐりて さぶらはせたまふ

178 み-こころにつくべきおほむ-あそびをし おほなおほなおぼしいたつく

179 うちには もとのしげいさをおほむ-ざうしにて はは-みやすむどころのおほむ-かたのひとびと まかでちらずさぶらはせたまふ

180 さとのとのは すり-しきたくみ-づかさにせんじくだりて になうあらためつくらせたまふ

181 もとのこだちやまのたたずまひ おもしろきところなりけるを いけのこころひろくしなして めでたくつくりののしる

182 かかるところにおもふやうならむひとをすゑて すまばやとのみ なげかしうおぼしわたる

183 ひかる-きみといふなは こまうどのめできこエてつけたてまつりける とぞいひつたへたるとなむ

2021-02-11

Posted by 管理者